事実上の定年後はコンサルタント

IT業界においては体力と精神力に満ちあふれた有能な人材が必要不可欠になっています。
これは情報技術開発における競争が著しく、最新の技術を世界に先駆けて開発し、公表することが企業の生存にとって必須のこととなっており、その実現に死力を尽くしてくれる人がいなければ企業が成り立たなくなってしまっているからです。

そのため、その中心を担うエンジニアやプログラマは事実上の定年が比較的若いうちに訪れるようになってきてしまっています。加齢による体力や学習能力の低下、最新の技術に対する理解度の低さがだんだんと若い世代にかなわなくなってしまうからです。

よくあるケースとして、エンジニアやプログラマはそういったタイミングで管理職に上げられる場合もあります。しかし、それが実現しなかった場合には転職を考えるのが一般的です。その1つの選択肢として、自分の行ってきた経験を生かせる道にコンサルタントがあります。

IT業界は就職先や転職先として人気が高く、その際にどういったことを理解していかなければならないかといったことや、現場での実際の仕事等について理解したい人も多く、IT専門のコンサルタントもまた需要が高いのです。そこで、転職の方法として独立してコンサルタントを行うというのが有用な選択肢として候補にすることができるのです。自分の力量が現場についていけなくなるまで働き続けた経験は若手の相談にのる際に必ず役に立つものであり、その経験を社会に還元できる社会貢献の手段として望ましい選択肢ともいえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です