個人事業主の仕事の契約の多様化

IT系のエンジニアとしてフリーで活動をしていると、受けられる仕事は大まかに分けて受託と請負の2つがあります。
受託では報酬は基本的に月払いや日払いなどの時間に対する報酬であり、既に企業で走っているプロジェクトへの参入を任されたり、類似プロジェクトを走らせたり。あるいは既存のシステムの管理を任されたりするのが一般的です。
一方、請負では報酬は完成品の納入によって支払われるものになり、時間をどれだけかけても納期に間に合えばその成功報酬として受け取れるものです。
仕事の内容は必然的にプロジェクトそのものを渡されてその解決をするシステム等を開発することが仕事になります。

これに加えて、最近ではその中道を行く案件も生まれてきています。報酬の支払いは月払い等の形を取ることが多いにもかかわらず、基本的にはプロジェクトそのものを任されるというものです。
能力が不相応ということになれば契約破棄されることもありますが、順調に進展が確認できる場合には継続されて、完成に至るまで仕事を続けることができるというものです。
そして、多くの場合には完成に際した報酬が支払われ、場合によってはそのまま次のプロジェクトを任されることもあります。
契約期間が続いている限りは複数の仕事を依頼されることもあり、依頼主側から見ると柔軟な契約です。

こういった様々な形の契約が存在するので受託や請負、その類似形など、自分がどういう形で仕事をしたいかを考えて仕事を選ぶのがフリーランスで生計をたてる重要なポイントになります。

中身を聞いただけでは難しく感じるかもしれませんが、実は経験がなくてもフリーとして働くことは可能なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です